So-net無料ブログ作成

今日の空 [空]

17.07.31sky.jpg
夏は空が綺麗なので空の写真が多め。
今月は色々仕事が重なって珍しく忙しい月だった。正確に言うと、6月の後半から飛び込みの仕事の依頼が来て、定期的に入ってくる仕事プラス、7月前半に幾つか仕事が入り、それがまた同じような時期に納品の仕事だったもので、少しばたついてしまった。
そしてそれらが諸々片付いた時にはもう7月が終わろうとしていた。なので先週は納品し終えた仕事の請求書を書いたり、仕事で散らかったMacのデータを片付けたり、空になった冷蔵庫に食品を買い足したり、たまった洗濯物を洗濯したり、部屋を掃除したり、切れかかった洗剤の在庫を買い足したり、毛先の広がった歯ブラシを買い換えたりしているうちにあっという間に終わってしまった。
気づくと街には夏休みの小学生が元気に走り回り、セミが勢いを増していて、JRの夏の風物詩、ポケモンスタンプラリーが始まっていた。そしてユニクロではもうウルトラライトダウンが並び始めているのである。はやすぎない?
nice!(0)  コメント(0) 

今月の本 [その他]

17.07.24double.jpg
ここのところ忙しくて、読もうと思って図書館から借りていた本を読めずにいたのをやっと読了。「英国二重スパイ・システム ノルマンディー上陸作戦を支えた欺瞞作戦」ベン・マッキンタイアー

第二次世界大戦でのイギリスのスパイシステムがノルマンディー上陸作戦を裏で支えていたよというお話。読んでいくと当時のナチスドイツの状況も分かったりしてとても興味深い。例えばドイツ軍の一部はナチスを嫌っていたし、特にドイツ軍の諜報活動機関のアプヴェーアの部長が反ナチだったりと。世界史をなんとなくしか認識していなかったので、当時のドイツはナチス一色に染まっていたみたいな認識でしたが、そんなに単純じゃないわけで。

そういった状況の中、イギリスは自分たちが雇ったスパイを(もちろんイギリスのスパイだとわからないように)ドイツ側にスパイとして雇わせてドイツ軍の情報を手に入れ、連合国側の偽の情報を流して戦況を有利な方へ持っていくという。

ノルマンディー上陸作戦の計画が詳しく書かれるあたりから、ヨーロッパの地理を理解してないとダメだと気付き、GoogleMAPを見ながら、ジブラルタルがここで、カレー(偽の上陸地点)はここで、ノルマンディーはここで、上陸した海岸線がこの辺で、と確認しながら読んでいました。そして海岸から陸地に行くストリートビューを見ていたら、激戦地のオマハビーチにDデイ記念碑が建っているのを見つけてしまいましたよ。学校の歴史の授業では、第二次世界大戦あたりはずいぶん端折られていたけれど、今に繋がる重要な歴史なんだよなぁ、との思いしきりでした。
nice!(0)  コメント(0) 

今日の空 [空]

17.07.17sky.jpg
今日の空はこんな感じでした。
nice!(0)  コメント(0) 

今日の空 [空]

17.07.15sky.jpg
夕方、空を見てたらちょっと不思議な雲が出てたので撮影。夏の空は雲が面白い。
nice!(1)  コメント(0) 

海の仲間 [その他]

17.07.08objet.jpg
玄関の棚の飾りを夏仕様にしてみた。
写真とは関係ないのですが、最近仕事の依頼が重なりがちで、逆に先月は「むむ、暇になってしまったぞ…営業でも行くか。」などと思っていたところでしたが、今月はそれどころではなくなってしまったというわけで。7月ってそんなバタバタする季節でしたっけ?
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る